2006年03月31日

奴隷と序章

ん〜、風が強いのう。

今日、ようやく本を少しだけ追加。

夕方、『女奴隷船』('60・新東宝・小野田嘉幹)を観始めるが、どうにもダラダラした展開で、途中で止める。こんなことは珍しい。

昨日、ブック・オフで買った高野悦子『二十歳の原点 序章』(新潮文庫)を読み、続いて、買ってからず〜っと放っていた↓を少しだけ。

吉永小百合の映画
片岡 義男
4487799937


夜、『タモリ倶楽部』を楽しんで、おしまい。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

桜と書簡と北風

夜になるにつれ風が強まり、なんだかいやな感じであります。

昼すぎに外出。大学通りの桜はどうかな、と久々に国立へ。

もう満開であります。曇っていたので花の色があまりきれいに映えないのが残念でしたが。

雨がぽつりと降ってきたので、大学通りを途中で引き返す。
増田書店で「文藝春秋」四月号(まあ、村上春樹のが読みたかったので)と、店の外に平積みになっていた「散歩の達人」2月号(立川・国立特集)を買う。

強風の中富士見通りを歩いて、ついに初めて「書簡集」に入る。
いや小さい喫茶店ですが、落ち着けていい雰囲気であります。

帰りにブック・オフで単行本2冊、文庫本3冊を買って、帰宅。

夜、久々に↓を聴いてたら眠気が襲ってきました・・・

北風/バニーズの世界
荻野達也とバニーズ バニーズ 荻野達也
B00005GLLF
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

やけと修理

外に出ると、風がやけに、冷たいなぁ・・・

ビック・カメラからデジカメが修理から戻ってきたとの連絡があったので、早速引き取りに行く。今度は2ヶ月もかからず、よかったよかった。

ついでに池袋西武で今日から開催の古本市をさーっと覗くも、何も買う物なし。

電車の中で読んだのは、↓。

警官殺し
マイ・シューヴァル ペール・ヴァールー 高見 浩
404252009X


夜、久々に↓を。

Taking Tiger Mountain (By Strategy)
Eno
B00015TOCY


大学時代、よう聴いたもんです。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

暗夜と古典

あったかいなぁ今日も。

あまりに収拾のつかなくなった本部屋をちと整理。
ただ本を移動しただけかもしれませんが。

こないだ「本だらけ」で買った志賀直哉の『暗夜行路』(旺文社文庫版)を読む。実は志賀直哉って、『小僧の神様』とか数篇の短篇しか読んでませんでした(恥)。
いわゆる文学の”古典”と呼ばれる物の中で自分が読んでいないものが一体いくつあるのか、考えただけでも恐ろしいことであります。

気を取り直して、↓を聴く。

Setting Sons
The Jam
B00005R60O


二曲目の「Thick as Thieves」がお気に入りであります。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

アジとヒジキ

いやはや、家の中にいてもくしゃみが出ます。
ということで、今日は朝から薬を服用。

妻が実家に帰ったので、一人でアジの開きを焼いて、残り物のヒジキと一緒に食べる。

引き続き『コロンバイン〜』を読む。

昨日読んでいた『二十歳の原点』の中に、”スティーブ・マーカス”という名前が出てきてちと驚く。
高野悦子が好きだと書いていた「Tomorrow Never Knows」が入っているのは、↓。

Tomorrow Never Knows
Steve Marcus
B0000A0WK8


やはりラリー・コリエルのギター、かっこよかです。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

コロンバインと二十歳

花粉はもう平気だ、と思っていたのはやはり甘かったようで。

昼すぎに、昨日ブック・オフで買った↓を少し読んでから外出。

コロンバイン・ハイスクール・ダイアリー
ブルックス・ブラウン ロブ・メリット 西本 美由紀 他
4872338367


昨日とは別の、家から近い方のブック・オフへ。ここは店員が「いらっしゃいませこんにちはー」と大声を張り上げることもなく、個人的にはありがたい店舗なのですが、残念ながら買う物なし。

ついでに足を伸ばして「本だらけ」まで。店に入った途端、くしゃみを連発。
ここで単行本3冊と文庫本2冊を購入。

ちと腹が減ったので、向かいにある「山田うどん」に入ったものの、安っぽい味に涙涙。

帰宅してから買った中の1冊である↓をすぐ読む。

二十歳の原点
高野 悦子
4101183015


映画ではよく分からなかったんですが、一度通して読んだ限りでは、”失恋”がその自殺の大きな原因となったのでは、という感じがするが。
posted by 野郎 at 23:42| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

均一とM

うむ、よく晴れてます。

先日までの強風続きで花粉は飛び散ってしまったのか、なんとなく鼻はかゆくなるものの、薬を呑む必要なし。

今日も都内まで出ようかと思い一旦外出したのですが、なんとなく気が進まなくなり、中止。

妻と一緒に航空公園の先にあるブック・オフへ歩いて行く。
普段は全然のぞかないのですが、今日は単行本500円均一セールとのこと、単行本3冊、文庫本2冊そしてビデオを1本購入。

帰宅してから買った文庫本のうちの1冊、↓を読み始める。

M/世界の、憂鬱な先端
吉岡 忍
4167547031


これ、リブロに行くたんびに探してたのですが、全然見当たらなかったんですな。105円でありがたく買わせていただきました。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

乗り換えとゴメス

割と肌寒い日であります。

ちと所用で都内の尾山台というところまで。
西武線→山手線→東横線→東急大井町線と乗り換えのめんどくさいこと。

帰りにレコファンでプリンスの新譜を買おうかどうか悩むも、結局買わず。
ついでにリブロ。特にめぼしい新刊も目当たらず、買い物なし(金がないだけじゃ)。

持っていった本は、むか〜し古本で買った↓。

ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
412202627X


私のは角川文庫版。

夜、『続 女の警察』('69・日活・江崎実生)。小山明子がクラブのママ役というのはどうか?品がありすぎると思うがの。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

恋と五右衛門と二十歳

うむ、あったかい。

今日も特に書くようなこともないのですが。
昼に『恋の画集』('61・松竹・野村芳太郎)、ダラダラとしてちと期待外れのコメディでした。

夜、最近近所に出来た”五右衛門”に行ってみたら混雑してたのであきらめ、COCO壱番のカレーで妥協。

んで、帰宅してから『二十歳の原点』('73・東宝・大森健次郎)。全然期待しないで観たら結構面白かった。うむ、主演の角ゆり子よし。

んで、↓を聴いて、おしまい。

Troubadour: The Definitive Collection 1964-1976
Donovan
B0000027GB


10年くらい前に、ちとドノバンにはまったんですな。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

見飽きと東

いい天気かと思いきや、すぐに曇ってしまいました。
それにしても、いいかげんWBCのニュースは見飽きたね・・・どの局もおんなじ映像ばっかしだし。

昨日に続き、『砂時計』を読み進める。うむ、他の梅崎作品も読んでみなきゃ。

『東から来た男』('61・東宝・井上梅次)、「若大将」シリーズ以外にも加山と星由里子の共演作はいっぱいあるから、頭が混乱します。
『暗黒の旅券』('59・日活・鈴木清順)、そして『影なき声』('58・日活・鈴木清順)。
清順とゆー人は、そもそも”ミステリー”を撮るというセンスなんかはなから無い人だったに違いない。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

洗濯と深く

ようやく風がおさまってくれました・・・が、洗濯やなんやで、結局外出せず。花粉症の薬も呑まなくていいしの。

↓を聴いてたら、なんとなく暗い気分になってきたので、止める。

Bee Gees' 1st
The Bee Gees
B0000047R4


先日古書で買った梅崎春生『砂時計』(ミリオン・ブックス版)を合間に読みながら、また映画に徹することに。

『暴風圏』(大映・'59・渡辺邦男)、『わたしを深く埋めて』(大映・'63・井上梅次)、そして『恐怖の時間』(東宝・'64・岩内克己)の3本です。

結局、大映のなんともいえない重たさというか、垢抜けないカラーが自分自身の肌に一番合っているような気がしてきました。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

砂利と突風

相変わらず風が強いなぁ・・・
雨でも伴ってくれればいいものを、降るのは砂ぼこりだけでありますから、家の中まで砂利っぽくなったようで、しゃあないです。

昼、『東京湾の突風(ハリケーン)野郎』('61・新東宝・小森白)、思いっきり低予算な映画でちと泣けてくる。

夜、『気まぐれ天使』を観た後、↓を読み返したら、ちょっと元気が出てきました。

文壇
野坂 昭如
416358420X
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

黄色と4本

いやまた今日もすごい風であります。
窓から外を見ると景色が黄色い・・・

ちとスーパーに買い物に行ったら、積んである買い物カゴに砂ぼこりがいっぱい。

こんな日はやっぱり家で映画でも観てるほかないわけで・・・

『スパイと貞操』('60・新東宝・山田達雄)、ワイズ出版で沼田曜一の自伝を出してくれんかな。
『大虐殺』('60・新東宝・小森白)、関東大震災→大杉栄の虐殺→無政府主義者の報復テロを描いたある意味貴重な映画かと。
『女の警察 国際線待合室』('70・日活・丹野雄二)、ちなみに空港のシーンははじめにちょこっとしかありません。
そして『やくざの詩』('60・日活・舛田利雄)、片腕拳銃使い役の垂水悟郎、熱演なれど、旭の役どころの設定にちと難ありかと。

以上、4本立てでお送りしました。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

非情と乱れ

なんだか頭冴えず、起きてるんだか寝てるんだかよく分からないまま過ごしてしまう。

それでも映画二本。
『非情の男』('61・松竹・高橋治)、いわゆる”松竹ヌーベルバーグ”の1本。主人公の三上真一郎の設定が図式的で、ちと残念。瞳麗子のズベ公ぶりが救い。
『女の警察 乱れ蝶』('70・日活・小澤啓一)、水野久美がやけに色っぽい映画でした。

で、↓をかけておしまいであります。

Back in the Day
Courtney Pine
B00004Y25O


明日は外に出ようかな・・・
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

五衰と盛り場

いやまったく凄い風であります。

昼、しっかり「風のハルカ」を見てから五反田へ。
なんだかハレンチな本ばかり6冊だけの購入です。

電車の中で読むために持っていったのは、↓。

五衰の人―三島由紀夫私記
徳岡 孝夫
416744903X


帰り、ちと散歩。

夜、『女の警察』('69・日活・江崎実生)。旭がいい気分で演じる”ホステス・アクション”というか”盛り場アクション”映画でした。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ホールズとカルト

ええと、今日も特別書くようなこともございません。

薬局に花粉症の薬とホールズを買いに行く。
ついでに小手指の1000円床屋へ。

ある件で、他人をあてにしちゃいかんなと、痛感。

夕方、しばらく前にケーブルで録画した『東京の孤独』('59・日活・井上梅次)。小林旭と宍戸錠の野球映画。安部徹がいつ裏切るかいつ裏切るかと観ていたら、最後までいい人の役だったので、拍子抜けする。

今日読み返したのは、↓。

死なう団事件―軍国主義下のカルト教団
保阪 正康
4043556012


ま、今のテレビなんかで報道される「イスラム」を見ていると、”カルト”という言葉の再定義が必要な気がしてきますな。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

頭痛と屠場

う〜む、相変わらず鼻のかみすぎで頭痛が一日中。
それ以外、特に書くこともないような日であります。

手近にあった↓を読み返す。一度非常に興味深く読んだのに、内容をほとんど忘れてることに年を感じますな。

ドキュメント 屠場
鎌田 慧
4004305659


一度だけでいいから現場を見学してみたいな・・・
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

かみすぎとナベ

薬呑んでも大して効かず、鼻のかみすぎで頭と鼻の奥が痛くなる日であります。
あとはこれといって書くようなこともございません。

目に付いた↓を本棚から取り出す。

ナベプロ帝国の興亡
軍司 貞則
4167571013


そうか、渡辺美佐をモデルにした映画って、そんなにあるのか・・・
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

修理とpeaks

また冬に戻っちゃったのか?

今日は所用でちと都内へ。
先に池袋リブロ。「読んでみたいな」と思える本は数冊発見出来たものの、「今買わねば」とまでいくモノはなし。

用が済み、ビックカメラにデジカメを修理に出す。戻ってくるまでにまた2ヶ月もかかっちゃたまらんなぁ。新しいのを買うかと、ざっと眺めるも、いくら安くてもやはり3万はしますな。

ついでにレコファン。何も買わず。

夜、↓を聴く。

Twin Peaks (TV Soundtrack)
Original Soundtrack
B000002LMM


妻は相変わらず熱心にLala TVでの放送を見とります。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

黒靴と狂人

うむ、花粉くん絶好調。

以前から底にヒビの入っていた黒靴を直してもらおうと、ダイエー地下の修理店まで持って行くも、「こりゃ修理しても無駄です」と言われてしまう。こわれた靴を持ったまま古本市に行く気もせず、すごすごと引き返す。

途中、貴龍堂さんの前を通りかかったら、店から出てきたご主人とバッタリ。

昨年市場見学会などでお世話になって以来、「また年内にご挨拶に来ます」といいながらそのまんまご無沙汰していた私としては、おめおめ顔が向けられない立場なんですが、ご主人はこちらのそんな気分は当然ご承知なのか、「いまちょっと時間ある?」とやさしく誘ってくれました。
店内でまたいろいろ参考になるお話をありがたく聴かせていただくことに。

うむ、そろそろはっきりさせなくちゃ。

夜、『天才と狂人の間』(杉森久英・角川文庫版)を読み返す。

LPで↓を聴いて、おしまい。

Very 'Eavy...Very 'Umble
Uriah Heep
B0002ADXYI


割と骨太なサウンドであります。
posted by 野郎 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
with Ajax Amazon