2020年05月12日

腑抜けとベスト20

ということで、さらに腑抜け度が加速している月曜日。今日が月曜だってことも実感なし。

しょうがないので(?)、洋画のベスト、これは20作品で選んでみました・・・

第20位 メリーに首ったけ
('98・米・ファレリー兄弟)



第19位 ショーン・オブ・ザ・デッド
('04・英・エドガー・ライト)



第18位 ビルとテッドの地獄旅行
('91・米・ピート・ヒューイット)


第17位 新・片腕必殺剣
('71・香港・チャン・チェ)



第16位 吸血鬼ドラキュラ
('58・英・テレンス・フィッシャー)



第15位 ブルーベルベット
('86・米・デヴィッド・リンチ)



第14位 ブレードランナー
('84・米・リドリー・スコット)



第13位 タクシードライバー
('76・米・マーティン・スコセッシ)



第12位 侠女
('70・台湾/香港・ キン・フー)


第11位 ゾンビ
('78・米・ジョージ・A・ロメロ)



第10位 ジーザス・クライスト・スーパースター
('73・米・ノーマン・ジュイソン



第9位 仁義
('70・仏・ ジャン=ピエール・メルヴィル)



第8位 白熱
('49・米・ラオール・ウォルシュ)



第7位 2001年宇宙の旅
('68・米・スタンリー・キューブリック)



第6位 ウエスタン
('68・伊/米・セルジオ・レオーネ)



第5位 魔人ドラキュラ
('31・米・トッド・ブラウニング)



第4位 キングコング
('33・米・メリアン・C・クーパー、アーネスト・B・シェードザック)



第3位 幸福
('65・仏・アニエス・ヴァルダ)



第2位 オール・アバウト・マイ・マザー
('99・スペイン・ ペドロ・アルモドバル)



第1位 フランケンシュタイン
('31・米・ジェイムズ・ホエール)



ま、明日には順位がコロッと変わってそうなランキングではあります。
posted by 野郎 at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

ダラケとベスト・テン

こっちの商売に影響が出てくるのはこれからなので、気を引き締めないと・・・と分かってはいるものの、ついダラケてしまう月曜日。

ダラケついでに自分の日本映画ベスト・テンを更新。

第一位 男の顔は履歴書
('66・松竹・加藤泰)

第二位 地獄
('60・新東宝・中川信夫)

第三位 野良猫ロック 暴走集団'71
('71・日活・藤田敏八)

第四位 仁義なき戦い 代理戦争
('73・東映・深作欣二)

第五位 秋津温泉
('62・松竹・吉田喜重)

第六位 東京⇔パリ 青春の条件
('70・松竹・斎藤耕一)

第七位 千羽鶴
('69・大映・増村保造)

第八位 乾いた花
('64・松竹・篠田正浩)

第九位 ゴジラ対ヘドラ
('71・東宝・坂野義光)

第十位 無頼 人斬り五郎
('68・日活・小沢啓一)


別格:『男はつらいよ』の第一作〜第八作の森川信出演作。



ベスト・テンと言っても、優れた映画という意味ではなく、単に自分が繰り返し観ているかどうかに依るランキングなのであります。
posted by 野郎 at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

買い出しとプレイス

爽やかな陽気の、今日から5月の金曜日。

これでコロナさえ無ければ・・・

発送用の封筒が少なくなってきたので、行きたくはありませんが、東京の古書会館まで買い出しに。

東京もやはり人が少ないな・・・会館の駐車場に設置された臨時の窓口で無事封筒を購入。

まっすぐ地元に戻り、自宅で昼飯すませて、仕事場。

夜までちょこちょこやって、帰宅。

ちとダラダラして、最近繰り返し聴いている↓を今日もかけて、おしまい。

posted by 野郎 at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
with Ajax Amazon